Home > お知らせ > 一般的な造花の素材(花の部分)

一般的な造花の素材(花の部分)

造花の主な花の布の部分の素材の説明です。

今現在、造花の花の部分はおもにポリエステル(ポンジー)、少し高級なものだとポリエステルにビニール樹脂コートされたもの、プラスチック製などいろいろな造花・アートフラワーが販売されています。

一番よくつかわれている「ポンジー」の生地ですが、とてもリーズナブルで欠点のあまりない薄くて軽い素材で身近なものだと「旗」や「のぼり」「垂れ幕」などがあります。

現在のように完成された造花ではなく一から作る造花は生地をサテンやシール、うす絹などを使い染色をして花芯は素ボール(発砲スチロール)やペップなどのパーツで造花を作ります。現在ではそのパーツや生地を扱っているお店が限られてしまい、弊社も現在では販売をしておりません。

このお手頃な価格の生地のおかげで今日、中国からいろいろな造花の種類が一時は値上げを致しましたが比較的低価格で質も向上した完成した造花の形で輸入できるようになっています。

質の向上した造花が安価で輸入できるようになった影響で造花を生地から作る造花・アートフラワーは現在では少なくなっています。

Home > お知らせ > 一般的な造花の素材(花の部分)

商品検索
リンク

▲page top